道の駅うずしおレストラン 淡路島の旬の食材を味わえる一流の田舎料理の提供を目指すレストラン

レストラン最新情報

「淡路島3年とらふぐ膳」登場!!

いつも道の駅うずしおレストランをご利用いただき誠にありがとうございます。 淡路島の冬の味覚「淡路島3年とらふぐ」 一般に流通しているとらふぐは2年物で800g以下のものが殆どの中、3年かけて育つ淡路島3年とらふぐは、2年物の1.5~2倍を超える1.2~1.8kgもの大きさに。 水温の下がる冬の鳴門海峡の潮で揉まれたその身は更に引き締まり、質・量ともに極まった滋味豊かな極上のとらふぐとなります。 そ・・・

 続きを読む

旬を迎えた南あわじの太刀魚を味わえる道の駅定食登場!

いつも、道の駅うずしおレストランをご贔屓いただき誠にありがとうございます。本日は秋の「道の駅定食 淡路島の太刀魚」をご紹介します。 細長い体型が刀のようであることや直立して泳ぐ姿などから名づけられたとする太刀魚。体にはウロコがなく、かわりにグアニン層という銀箔の層で包まれており太刀魚だけが持つ特徴です。ギラギラと光る銀箔がきれいに残っているほど新鮮であり高級魚として取引される「南あわじの太刀魚」が・・・

 続きを読む

お箸が止まらなくなる裏旬サワラをご堪能ください!秋の裏旬サワラ会席、新登場

いつも、道の駅うずしおレストランをご贔屓いただき誠にありがとうございます。 本日は、明日9月28日(水)から販売開始する秋の新メニューをご紹介いたします! 秋の裏旬サワラ会席 3,500円(税抜) お箸が止まらなくなる裏旬サワラをご堪能ください! 脂のノリや舌触りが濃厚でまるでトロの様な味わいお造り。 サワラと言えばコレ!西京味噌の風味がサワラの味をより一層引き立てる西京焼。 野菜もたっぷりのしゃ・・・

 続きを読む

淡路島の玉ねぎと地元のお野菜

いつも道の駅うずしおレストランをご利用いただき誠にありがとうございます。 GWも終わって、夏休みまでは 駐車場にも少し余裕がございます。 ゆっくり淡路島を楽しみたいお客様には、最高の時期かと思います。 またこの時期は、"淡路島の玉ねぎ"の1番美味しい時期でもございます。 "淡路島の玉ねぎ" 特にこの新玉ねぎの時期には、スライスしてサラダで召しあっがていただくのが一番おいしいです。 毎日、20㎏以上・・・

 続きを読む

"淡路島の玉ねぎ"の収穫が最盛期を迎えようとしています。

いつも道の駅うずしおレストランをご利用いただき誠にありがとうございます。 GW期間中は、大変混雑して お客様にご迷惑おかけして申し訳ございませんでした。 GWも終わって駐車場にも少し余裕がございます。 ゆっくり淡路島を楽しみたいお客様には、最高の時期かと思います。 この時期は、"淡路島の玉ねぎ"の1番美味しい時期でもございます。 "淡路島の玉ねぎ" 特にこの新玉ねぎの時期には、スライスして ポン酢・・・

 続きを読む

「お客様へ」

いつも道の駅うずしおレストランをご利用いただき誠にありがとうございます。 今年のシルバーウィークは天候にも恵まれ、本当に多くのお客様にご来店いただいたことをスタッフ一同心より感謝いたしております。 ただやはり、待ち時間等ではお客様の貴重な時間をいただいてしまった事を深くお詫び申し上げます。 当店は今後もお客様に感動していただけるよう改善してまいりますので多くのお客様のご来店をお待ちしております。・・・

 続きを読む

テスト

2017年のトピックス
10月 | 9月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 |
2016年のトピックス
11月 | 10月 | 9月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 |
2015年のトピックス
12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 |
2014年のトピックス
12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 7月 | 6月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 |
2013年のトピックス
12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 |
2012年のトピックス
12月 | 6月 |
2011年のトピックス
11月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 2月 |
2010年のトピックス
9月 |
2009年のトピックス
7月 | 1月 |
2008年のトピックス
11月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 |
2007年のトピックス
5月 | 3月 |
2006年のトピックス
12月 | 10月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 |

ランチメニュー一覧はこちら

皆様のご来店をお待ちしております!!

▲ ページの最初に戻る ▲