[読売新聞]にて、道の駅うずしおレストランの「淡路島3年とらふぐ一本まるごとうずしお焼き」が紹介されました。

投稿日:2019年11月23日(土) | カテゴリ:メディア掲載実績, レストラン最新情報, 淡路島3年とらふぐ

たっぷり姿焼き 道の駅うずしお新メニュー

ふぐと言えば、ふぐ刺しやてっちり。そんな常識を覆すようなご当地グルメが誕生した。「淡路島3年とらふぐ一本まるごとうずしお焼き」。大ぶりな3年ものの養殖ふぐをそのまま使った、迫力の姿焼きだ。南あわじ市の「道の駅うずしおレストラン」で提供しており、「家族の記念日やご自身へのご褒美に」とPRしている。

3年もの味付け塩のみ

養殖されているのは、鳴門海峡を望む福良湾。通常は2年で、800グラム程度で出荷するという。

それを1年延ばし、1.2キロ以上にまで育てるのが「淡路島3年とらふぐ」。激しい潮流で身が締まり、天然と変わらないほどの味わいになるとされる

これまで、レストランでは会席や鍋で提供してきたが、「規格外」の味や大きさを分かりやすく伝えたいと副料理長の柿谷竜也さん(33)が新メニューを考えついた。

まるごと1匹を200度以上で約10分間グリルした姿は、食べるのがもったいないような福々しさ。海や渦潮に見たて、地元産わかめやタマネギを添える。鳴門海峡の荒波を泳いでいる様子を想像させる演出だ。

味付けはシンプルに塩のみで、ほぐした身をポン酢などにつけて食べると、弾力ある食感とふぐ本来のうまみが楽しめるという。

締めは、「ふぐだし」。頭の骨や残った身をだしに投入し、ひと煮立ちさせて味わう。ふぐを余すところなく満喫できる工夫だ。

料理には淡路島3年とらふぐの認定証や食べ方シートも付いてくる。1万6500円(税込み)とやや値が張り、注文した人はまだいないが、「ここにしかない『福』を味わって」と柿谷さん。「新たな島の名物になれば」と期待する。

【焙りも鍋も】
3年ものでは新たに、ふぐの部位を「カルビ」「バラ」などと焼き肉に見たてた「焙りコース」、姿造りやしゃぶしゃぶが楽しめる「美福鍋 姿造りコース」(いずれも税込1万9800円)も始めた。
営業は午前10時~午後3時。問い合わせは、道の駅うずしお(0799-52-4457)

編集スタッフの皆様へ
この度は素敵な新聞でご紹介いただき、ありがとうございました!

お問い合わせ

道の駅うずしおレストラン

〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙947-22 道の駅うずしお
MAP: https://goo.gl/bV0Qau
TEL: 0799-52-1157

ホームページ&Facebook

ホームページ:http://eki.uzunokuni.com/m_restaurant
Facebook:https://www.facebook.com/michiuzu.rest

【公式】道の駅うずしおレストラン 最新トピックス New Topics

2019年のトピックス
12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 |
2018年のトピックス
12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 |
2017年のトピックス
12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 |
2016年のトピックス
11月 | 10月 | 9月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 |
2015年のトピックス
12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 |
2014年のトピックス
12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 7月 | 6月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 |
2013年のトピックス
12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 |
2012年のトピックス
12月 | 6月 |
2011年のトピックス
11月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 2月 |
2010年のトピックス
9月 |
2009年のトピックス
7月 | 1月 |
2008年のトピックス
11月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 |
2007年のトピックス
5月 | 3月 |
2006年のトピックス
12月 | 10月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 |